エアコン工事用語集 -か行-

  1. HOME
  2. エアコン工事用語集 -か行-

か行

加湿ホース

ダイキン工業製品の「うるるとさらら」に付属している加湿機能用の専用ホースです。 室内機の左側に接続口があり配管穴を通して室外機に接続します。 換気ホースや廃棄ホースよりも太いホースなので、配管用の壁穴が小さい場合にはエアコンが取り付けられないこともあります。

ガス回収

エアコンの機能を十分に発揮する為に必要な冷媒ガスを室外機に回収する作業の事です。 「ポンプダウン」と呼ばれます。 エアコン取り外し作業をする場合にはガス回収を行います。ガスを回収しないまま取り外しをしてしまうとエアコンの効きが悪くなります。 詳しくは「ポンプダウン」の項目を参照ください。

ガスチャージ

エアコンの冷媒ガスを充填する作業です。 本来、ポンプダウン作業をきちんと行っていれば取り外し工事が原因でガスが抜けてしまうことはありません。配管接続部の加工ミスやガス弁のゴムパッキン等の劣化などの機械的な要因がほとんどです。 通常通りエアコンがご使用できている状況でガスチャージをする必要はありません。

架台

室外機を安定させる為や、特定の場所に室外機を設置したい時に使用する台の事です。 室外機の足元にある樹脂製の台が一般的です。

壁掛けクリーニング

エアコンクリーニング方法の一種で、エアコンが取り付けられた状態のままクリーニングする方法の事です。室外機が壁に掛けられている(取り付けされている)状態でクリーニングするので「壁掛けクリーニング」と呼ばれます。様々な呼ばれ方があり、他には「付けたままクリーニング」、通称「付けクリ」などがあります。 取り外した状態で室内機を分解して洗浄する「分解クリーニング」と比較すると、比較的安価ではありますが全てのパーツに分解できるわけではないので、仕上がりは分解クリーニングに比べて劣ります。 専用の養生カバー、高圧洗浄機を用いて洗浄を行いますが、お客様宅で洗浄をする関係上、お風呂などの洗浄場所と水を使用させていただくことになります。

下部ドレン処理

室外機の下部にある排水口から排出される水を、排水溝などに流れるように処理する工事です。塩ビ管や通常のドレンホースを使用します。 室外機を天吊りや壁面に設置する際や、マンションの共有通路に設置する場合などにこの処理を行います。エアコンは暖房運転時、定期的に室外機の霜取り運転を行います。 その排水が室外機の下部より排出されますので、暖房運転時に室外機から水が出てくるのはエアコンの異常ではありません。

換気ホース

換気機能付きのエアコンに接続する吸気ホースになります。室内機に接続し配管穴より室外へ出して換気を可能にします。 先行配管(隠蔽)されている建物には取り付けできない可能性が高くなります。

貫通スリーブ

配管穴を開けた後に差し込む樹脂製の筒になります。

基盤

エアコンの頭脳になります。これが劣化などの理由により不具合を起こすとエアコンが正常に動かなくなります。メーカーにて交換工事もできますが、費用が高くなるので年式が古いエアコンの基盤交換が必要な場合は、新品のエアコンへ入れ替えてしまう方がお得になります。

逆流防止弁

別名「エアカットバルブ」と言います。排水ドレンホースに組み込み、空気の侵入による異音を緩和することが出来ます。

給水ニップル

洗濯機などの機器の給水ホースを蛇口に接続する為のアタッチメントです。蛇口の先端にネジで締め付けて取り付けするタイプや、蛇口自体を交換して取り付けるオートストッパー機能が付属しているタイプなど、様々な種類があります。

給水ホース

洗濯機などの機器へ水を送る為のホースになります。

強制冷房

リモコンで冷房運転ができない冬季などに、エアコンを強制的に冷房で運転させる方法です。ガス回収(ポンプダウン)は冷房運転下で行いますので、エアコン取り外し工事において重要な操作になります。 メーカーにより強制冷房の操作方法は様々で、室内機本体の運転ボタンで操作できるものや、室外機にある「サービススイッチ」で操作するもの、リモコンを使用して操作するもなどがあります。その為、エアコン取り外し工事の際にはお手元に必ずリモコンをご準備していただけますようお願いいたします。

化粧カバー

室内や室外に露出する配管ホースや連絡電線などを隠すための樹脂製のカバーになります。スリムダクトと呼びます。 様々なサイズやパーツがあり、取り付けするエアコンの種類や取り付けする部屋の形状に合わせて使い分けます。 従来の化粧テープと比べると仕上りは段違いに良くなります。

検電ペン

電源への通電状況を確認することのできる道具です。しかし、状況の確認しかできませんので電圧の測定などにはテスターと呼ばれる道具を使用します。

コアドリル

穴開け工事を行う際に使用する工具になります。ハンマードリルの先端に取り付けて使用します。穴を開ける材質により専用のコアが存在します。

小ブレーカー

配線用遮断器のことです。分電盤(ブレーカー)の中にあり、用途によって分けられていて、各回路の使用電流が許容値を超えると遮断される仕組みになっています。 「2P1E」と「2P2E」という種類があり、200Vへ電圧を切り替える際には「2P2E」の遮断器を使用します。

コーキング

建築物において、気密性や防水性を向上させるために施工される隙間を埋める処理のことです。一般的にエアコン工事では、浸水の可能性がある場合の化粧カバーの隙間などにシリコンコーキングを用いて防水処理を行います。

コークボンド

主にクロス(壁紙)などの隙間埋めに使用されるボンドです。

コンセント

壁などに埋設されている電源供給部になります。一般的な家電製品の電源差し込みプラグは縦に2本刃が並んでいる(I I)形状をしているので、125V15A用のコンセントが設置されています。 一般家庭用ルームエアコンの電源差し込みプラグ形状は上記の(I I)型の他に、(I L)型(125V20A)、200V用の250V15A用、250V20A用があります。 差し込みプラグの形状に合わせて壁側のコンセントの形状も変更する必要があり、これは電気工事士の資格を有する者での対応となります。 尚、200V用のコンセントへ変更する場合には、電圧も200Vへ変更(電圧切替)を行わなくてはなりません。コンセント形状を変更するだけでは100V→200V(200V→100V)へ電圧の変更がされるわけではありません。

↑ページトップへ