エアコン工事用語集 -さ行-

  1. HOME
  2. エアコン工事用語集 -さ行-

さ行

サイディング

外壁の種類になります。一般的な木造建築には木造サイディングが使用されていることが多いです。木造サイディングの場合はエアコン取り付けに必要な配管穴の穴開け工事は、エアコン1台に付き1か所サービスで行っています。 金属系サイディングや、窯業系サイディングの場合には別途穴開け費用が必要となります。

差し込みコネクタ

電線を結線する時に使用する部品になります。リングスリーブとは異なり、電線の芯線を差し込むだけで結線することが出来ます。室内側でのみ使用します。

サドル

室内や室外に露出している配管を固定するのに用います。2階から1階へ配管を下ろす(立下ろし)等の取り付けの場合や、取り回しの関係上、配管類がブラブラと遊んでしまう場合にサドルを使用して固定します。 他にも、ドレンホースのみを固定する「ドレンサドル」など、様々な種類があります。

サービスポート

室外機の1部分で、この箇所に機器を接続して真空引きやガスチャージを行います。

三相交流

3系統の単相交流を組み合わせた交流で、電気を送電、配電するのに採用されています。大型の電動機(業務用エアコン)などにも使用されます。 三相電源を使用するには電力会社への申請が必要です。

試運転

エアコン取り付け工事完了後、機械が正常に運転するかを確認する為に行う運転です。 エアコン工事だけでなく、洗濯機やウォシュレットなどの取り付け工事完了後にも同様に試運転を行います。

止水栓

その名の通り、水を止める為の栓になります。ウォシュレットや食器洗浄機の取り外し、取り付け工事を行う場合には、通水を止めて作業を行う必要がありますので、止水栓を必ず閉めます。 ウォシュレットの分岐金具には、止水栓より先の水道管に金具を組み込むタイプと、止水栓自体を交換して金具を組み込むタイプが存在します。

室内機吊り金具

別名「タテサン」とも呼ばれます。室内機を設置する為に必要な据付板(背板)を壁に取り付ける際、壁の強度が著しく弱い時に使用します。 ネジ穴の開いた棒状の金具で、桟木に2本固定してそこに据付板を取り付けます。 和室等にエアコンを取り付けする時に多く使用します。

室外ダクト

室外側に露出する配管ホース類を隠すために用いられる樹脂製のカバーになります。景観を良くする為に主に用いられます。オプションとなりますので、従来の仕上げは化粧テープで行います。様々なカラーバリエーションがあり、代表的な「アイボリー」を始め、「ホワイト」「ブラウン」「ブラック」「グレー」などが存在します。 化粧テープ仕上げと比較すると、仕上がりは非常に綺麗になります。

室内ダクト

室内側に露出する配管ホース類を隠すために用いられる樹脂製のカバーになります。景観を良くするために主に用いられます。オプションとなりますので、従来の仕上げは化粧テープにて行います。カラーはホワイトになります。 化粧テープ仕上げと比較すると、仕上がりは非常に綺麗になります。 尚、エアコン取り付け完了後にダクトを付けようとしても、1度エアコンを取り外しして再度取り付けし直す必要がありますので、ご希望される際にはエアコン取り付け工事前にお申し付けください。

霜取り運転

暖房運転時、室外機は野外の空気を吸い込み、熱を奪って冷たい空気を吹きだしています。その際、室外機内部の熱を奪う「熱交換器」は非常に冷たくなっているので、空気中の水蒸気が熱交換器に結露して凍り「霜」となります。熱交換器に霜が付着してしまうと、外気の熱を取り込むことが出来なくなってしまいます。その為、暖房運転時には一定の間隔で霜を落とす「霜取り運転」を行っています。霜取り運転中は一旦暖房運転が停止しますので、エアコンの故障と勘違いされることが多いですが正常に運転している状態になります。 尚、霜取り運転にて溶かした霜は室外機下部から排水されます。暖房運転時に室外機より水が出てくるのは故障ではありません。

ジョイント

化粧カバーのパーツの一種で、末端や直管同士を繋ぎ合わせる時に使用します。

消音バルブ

エアカットバルブの事です。「ポコポコ」とエアコンから発生する異音を緩和する為に使用します。

真空引き

室内機と室外機を冷媒配管で繋げた後、管内に残った水蒸気を真空蒸発させる為に行う作業工程になります。専用の「真空ポンプ」と呼ばれる工具を使用します。 エアコン取り付け工事においては必ず行わなければならない作業になりますので、当社では真空引きを行うことによる追加費用などは頂戴しておりません。 基本工事費内に含まれております。 真空ポンプには電動式や手動式など、様々な種類が存在します。

水平器

エアコン取り付け工事に必ず使用する工具の一種で、取り付けした据付板がきちんと水平になっているかを確認する為に用います。水平が取れていないと室内機に溜まった水が排水されず、水漏れの原因となります。

据付板

室内機を引っ掛ける板になります。外見上エアコンは室内機が壁に設置されているように見えますが、実は壁に据付板が取り付けられていてそこに本体が吊るされています。

ステップドリル

円形の穴を開けるのに使用する便利な道具です。化粧カバーの途中からドレンホースを出したい場合などに非常に活躍します。

ステップル

室内に這わせた電線やコードなどを固定するのに使用する、コの字型をした釘のような物です。木枠部分などに打ち付けて使用します。

ストレーナー

トイレなどの給水タンクに水を送る管の一種です。長さ、形状が決まっている為、分岐金具などを取り付けた際にはフレキ管と呼ばれる給水管に交換します。

スライダー

伸縮タイプのハシゴになります。足場のない箇所の2F作業や3F作業の時に使用します。 2連式や3連式などがあります。立てかける為にはスペースが必要ですので、ハシゴが立てられない場所などでは作業が出来ないことがあります。

背板

据付板の通称になります。

専用置場

室外機を置けるだけのスペースのことです。マンションではサービスバルコニーが一般的です。腰高の窓などの外に設けられていることが多く、室外機を搬出・搬入することが困難な場合には別途作業費を頂戴しています。

専用回路

エアコンの電源用に準備された単独回路の電源回路のことです。内部で分岐して他のコンセントに使用されている回路は専用回路と呼びません。 エアコンは使用電流が大きいので発火などの危険を避けるために専用の単独電源回路を使用します。

専用籠

室内機を置くために準備された室外にある籠(かご)状の置場のことです。壁面設置とは異なり、柵が付いているので室外機の搬出・搬入が非常に困難です。その為、専用籠の場合には別途作業費を頂戴しています。

↑ページトップへ